KONDO TEKKOペレットストーブ
サイトマッププライバシーポリシー
ご挨拶製品紹介ペレットストーブとは?施工例会社概要
環境とペレットストーブ健康とペレットストーブバイオマスエネルギーペレットストーブ Q&Aリンク集
ペレットストーブは「環境」と「健康」に対してどのような効果があるのでしょうか?
様々な研究機関のご協力を得て、その効果を検証してみました。
 「バイオマス」とは?

太陽エネルギーを起源とする生物由来の資源を総称したものです。
世界の一次エネルギーの90%を依存している石油、石炭、天然ガスなどの
化石燃料の将来的な枯渇とともに注目され、数々のメリットを有します。
 「バイオマスエネルギー」とは?

バイオマス(生物体)エネルギーとは、生物体を構成する有機物を固体燃料、
液体燃料、気体燃料に変化させ利用するエネルギーです。
人類は、これまでにも数千年にわたり薪や木炭を燃料に、
また、家畜の糞を燃料や肥料に使ってきました。
こうしたバイオマスエネルギーは、太陽エネルギーが植物により変換され
生物体に蓄えられたものであり、化石資源とは異なり、再生可能なエネルギーです。
 「循環型エネルギー」とは?

バイオマスエネルギーを燃やすと二酸化炭素が排出されます。
その二酸化炭素は植物の光合成によって再び体内に固定化されるため、
エネルギー資源としての循環型利用が可能です。
エネルギーの消費と植物の育成のバランスを保てば、
大気中の二酸化炭素濃度が上昇することはありません。
 ペレットの特徴
■ペレットストーブの燃料、木質ペレットとは
どのようなものかを下記にまとめてみました。


木質ペレットについて

1 製造方法

木質ペレットは、間伐材や、製材端材といった木質原料を粉砕、圧縮、成型した固形燃料です。木材の成分であるリグニンで成型されているため、木質以外の原料は使用されていません。大きさは長さ1〜2cm、直径6,8,10,12mmが一般的です。

2 利用方法

  ペレットストーブ、ボイラーの燃料として利用されています。

3 発熱量:約4,000kcal/kg以上

  ※    原料となる木材、水分量により違いがあります。

  ※    灯油:8,900kcal/リットル、A重油:9,300kcal/リットル

4 長所

  ・    二酸化炭素の増加を抑制し、地球温暖化防止に貢献します

  (ペレット1t利用することにより、ドラム缶2.2本分の灯油が削減されます。)

  ・    乾燥しており貯蔵が容易です

  ・    形状や品質が安定しています

  ・    自動燃焼ができます

  ・    再生可能な資源から製造できます

  ・    癒し効果が期待できます

5 短所

  ・    使用については石油、ガス、電気燃料より手間を必要とします

  ・    流通に関して、石油、ガス、電気よりも信頼性が劣ります

  ・    貯蔵に石油の約3倍容積が必要です

  ・    水気に弱い性質です

6 製造状況

  県内:上伊那森林組合(高遠町)、1,750トン/年製造能力

     南信バイオマス協同組合(飯田市)、800トン/年製造能力

  県外:全国11工場で生産。近年各県で施設整備中

7 灰

  重量比で、幹部分のペレットの場合 0.5%以下(1トンで 5kg)

  樹皮部分のペレットの場合2.5%以下(1トンで25kg)


※ペレット以外の燃料とのコスト比較はこちらをご参照ください。

 お問合せ先
 〒 399-4301
 長野県上伊那郡宮田村 つつじヶ丘工業団地6110
 TEL:0265-85-2339  FAX:0265-85-4399
 E-mail:info@kondo-iw.co.jp

Copyright (C) 2017 Kondo Tekko Co.,Ltd. All Right Reservedペレットストーブ